テレビ会議の導入で大きなコスト削減に期待

テレビ会議の導入で大きなコスト削減に期待

PC

企業への導入件数

テレビ会議システムの企業への導入件数は、年々右肩上がりです。どこの企業も経費の削減に努めているからです。テレビ会議を導入すると、非常に大きな経費削減効果が得られます。今までは高画質な動画の送受信は難しかったのですが、高速大容量の光回線が普及したことによってその問題もクリアになりました。今では各種データの共有も楽になりましたし、海外との連絡に使われることも多くなっています。一つの会社で複数のシステムを導入することも多いので厳密な件数は判明していませんが、テレビ会議やウェブ会議システムの市場規模は500億円を越えていると言われています。

ウェブ会議も安定の人気

ウェブ会議システムも、中小企業を中心に人気が高いです。テレビ会議システムは大人数同士の会議に向いていますが、ウェブ会議システムは個人間の連絡にも便利に使えます。初期投資コストがかかりにくいのも、人気の秘密です。ごく普通の性能を持つパソコンがあれば、割と簡単に導入をすることができます。日頃の社員同士の連絡手段としても便利なものなので、こちらを選ぶ会社も多くなってきています。また、会議室にはテレビ会議システムを導入し、社員個人のデスクにはウェブ会議システムを導入するという「併用案」も採用され始めています。

テレビ会議とウェブ会議の違い

使用するコーデックも違えば通信経路まで違う

テレビ会議システムは、電話と同様にPtoPでの接続になることが多いです。一方のウェブ会議システムは、メールなどと同じようにネット上のサーバーを介して相手とデータを送受信し合うのが普通です。また、コーデックの種類も違っています。テレビ会議システムはハードウェアコーデックを使用するのが普通で、ウェブ会議システムはソフトウェアコーデックを使います。これらの違いから、安定性や画質にも差が生まれています。

個人同士で使うのかグループ同士で使うのかの違い

個人同士の遠隔会議なら、ウェブ会議システムで十分でしょう。ウェブ会議システムは、基本的には一人用として設計がなされています。個人が複数人集まって会議をすることはできますが、一つの端末を複数人で使うことは想定されていません。ですから、ウェブ会議システムは多対多の用途には向いていないのです。グループ同士の遠隔会議がしたいなら、テレビ会議システムを導入するのが妥当です。こちらは、最初から複数人で使うことが想定されています。会議室全体をカメラに収めることも容易になりますし、大規模な会議でもスムーズに進められます。

人気が高いテレビ会議システム

no.1

より高画質な4kに対応している製品が人気

昔はフルHD画質でも高画質だと言っていたのですが、最近は4k画質に対応をした製品が登場してきています。4k画質なら、フルHD画質のおよそ四倍の情報量が送受信できるので、より相手の表情をクリアに観察することができます。資料の視認性も良くなるので、4k対応のテレビ会議システムは人気が上がってきています。

no.2

クラウドタイプのシステムも人気

ハードウェアで提供がなされているテレビ会議システムもあれば、クラウドタイプのテレビ会議システムもあります。クラウドタイプは初期費用が安く済むというメリットもありますし、最近はこちらの人気の方が高くなりつつあります。クラウドタイプなら面倒な設定もほぼ必要がなく、使い勝手も良好です。アップデート等も向こうでやってくれるため、メンテナンスもほぼ必要がなくなります。

no.3

365日24時間サポートがあると売れやすい

テレビ会議システムは、サポートで選ぶという会社も多くなっています。365日24時間いつでも電話サポートが受けられる製品は、それだけ人気も高くなる傾向があります。仕事で使うものなので、これが使えなくなると大きな経済的ダメージが発生することもあります。そのため、サポート態勢が充実しているかどうかは人気に直結するわけです。

no.4

導入コストが安いかどうかも重要

テレビ会議システムは、導入にコストがかかるものです。多くの会社は、このコストをできるだけ引き下げたいと考えています。また、初期費用だけではなく、ランニングコストも低いに越したことがありません。総合的にお金のかからないシステムは、使える資金が少ない中小企業にも導入がしやすいです。そのため、高い製品よりも売上本数的には伸びる傾向があります。

no.5

セキュリティレベルの高い製品が人気

通信の内容を暗号化して送受信できるタイプの製品が人気を上げてきています。重要な会議は、外部の人間に覗き見られてしまうと大きな損失に繋がります。重要情報の外部漏洩を最小限にするために、すべての通信を暗号化してくれる製品は選ばれやすくなっています。また、相互に認証がなされた端末としか通信ができないような安全対策が施された製品もあり、それも人気になっています。

広告募集中