企業にテレビ会議は必要

企業の規模が大きくなればなるほど、展開する事業が増えるのでテレビ会話は重要なコミュニケーションツールとなります。以前の会議主体は、地方の社員は出張をして会議に参加していましたが、今ではテレビ会議で済ませられるようになりました。

会議室とテレビ会議を比較

経費と人件費の削減が効率的に改善しやすい

テレビ電話を使うことで会議の開催がしやすくなります。
会議体が大きくなればなるほど参加者は増えます。遠隔地から会議に出席する際の交通費や宿泊費、そして人件費がかかりますし、移動に関する時間的ロスも発生します。しかし、テレビ電話を使うことで解消できるので、会議が開催しやすくなり仕事の効率化が見込めます。

各地のニュースや出来事を即座に把握できる

天災があり詳しい状況を知りたい地域や、国際的な事情で行きにくい外国との打ち合わせは、移動がないテレビ会議で新鮮な情報を取得できます。会議で集まるための移動時間のロスは同時に新鮮な情報のロスにもなりますが、移動の必要のないテレビ会議は、緊急で会議を開催できるのも大きなメリットとしてウエイトをしめます。

テレビ会議にしてよかったこと

no.1

会議に参加がしやすい

多くのメーカーのテレビ会議の機材は、様々なデバイスに対応しており、ほとんどはスマートフォンにも対応しているので、開催される会議に参加しやすいところが特徴です。時差がある海外や休日なのにやむを得ず開催される緊急会議も参加しやすいのが特徴です。

no.2

資料を会議中に補える

会議室で行われる会議は参加者が決まっており、その人が答えられないものは持ち帰り後日回答と言うのが通常でした。テレビ会議であれば即座に答えられない場合、アシスタントや部下に確認ができたり、調べてもらったりできるので、解決に時間がかかりません。

no.3

リスクマネージメント

企業の経営陣や幹部が一か所に集まって会議をすることは、何かトラブルがあった場合即座に対応することができず、その遅れが取り返しのつかない状況に発展することも想定されます。テレビ電話を使うことで会議室に集合することがないのでリスクの回避がしやすく、対応も迅速に行うことができます。

[PR]賢いチャットシステムの選び方!
サービス・サポート充実♪

[PR]テレビ会議を会社に導入しよう
業務コストが削減できる

[PR]社内SNSを導入しよう
情報共有のスピードが短縮できる!

テレビ会議があるお陰で沢山のメリットが得られる

ミーティング

会議以外でもテレビ会議システムは活躍する

テレビ会議のシステムの使い方は多岐に渡ります。例えばセミナー会場に人を集め、講演者はテレビ会議で講演できます。また、本社社員が支社へ新製品のプレゼンテーションを行い情報共有をしたい場合もテレビ会議のシステムを使えば簡単にできます。企業によっては英会話講師がテレビ会議機能を使い、拠点で働く社員の英語教育を行っています。一方通行の会話ではなく、対話ができるので近年は教材ツールとして注目を浴びています。

テレビ会議システムの選び方

テレビ会議のシステムは繋げる周辺機器の選択が多いものを選びます。音声がとても重要です。画像よりもまず音声をまず考えてください。音がなくなると会議が全くできなくなります。音声遅延と音切れを回避する機能を各社が用意しています。クリアな音声と総会な動画映像がスムーズなテレビ会議を開催するポイント、スマートフォンやタブレットにも対応し、セキュリティ対策も万全に対応しているテレビ会議システムを選びましょう。

広告募集中